外壁塗装を手塗りで行うメリット

外壁塗装 手塗り

外壁塗装には、吹き付けと手塗りの2種類あります。

吹き付けとは、コンプレッサーを使用し塗料を霧状にして吹き付ける工法です。

家の外壁の塗り替え
れに対して、手塗りは、主にローラーを使用して塗る工法です。現在は、ローラーを使用する業者が多いですが、昔堅気の職人さんは、今でも刷毛で手塗りしているようです。

外壁塗装を行う場合、どちらの工法にもメリット・デメリットがありますが、吹き付けの場合、霧状の塗料が風で飛ばされて、どうしても近隣の車や家の外壁などに付着する恐れがあります。

住宅地で行うには、細心の注意を払う必要があります。

それに対して、手塗りで行うメリットは何でしょうか。

まず、風による飛散がとても少ないので、密集した場所・高所での作業も安心して行えます。

また、腕のいい業者であれば、手先で塗装膜の厚みを調節できるので、厚塗りが可能です。凹凸のある塗装面は、毛足の長いローラーを使用して仕上げます。外壁塗装を頼む際、この様な事を知っておくと何かと便利です。