外壁塗装を行うには塗料選びがとても大切

外壁塗装 塗料選び

外壁塗装を行うにあたって重要なのが、塗料選びです。

外壁塗装に使われる塗料は、まず油性と水性に分けられます。
外壁塗装 塗料選び 油性のほうが耐久性が高いのですが、水性のほうが塗りやすいため、たいていの職人が使っているのは水性です。

次に、1液・2液という分け方があります。

2液とは二つの成分が入っている塗料であり、それに対して1液は主材だけが入っています。

2液はすぐに硬くなりやすいので、保存しておくことができません。

そのため、コストを優先する業者は、1液を使うことが多くなっています。

そして、塗料の樹脂には四つの種類があり、それぞれ耐久性も異なります。

アクリルは6~7年、ウレタンは8~10年、シリコンは12~15年、フッ素は15~20年となっており、耐用年数が長いほど価格も高くなります(この耐用年数は、あくまで劣化が起きてくる時期という意味であり、この年数を過ぎると直ちに使えなくなるということではありません)。

外壁塗装の塗料選びは、こういった点をふまえて行ってください。