下部分の売買の戦術

借地権が生じる大地の、権利そのもののことを下要素といいます。
 借地権人間がいるために自由に敢行や処分することができない結果、大地本来の真価の100パーセンテージを持っていません。

 国税庁は例年、針路価を発表しますが、そのほかに、大地ごとに借地権確率という統計を決めて公表している。借地権確率半数なら下要素の真価は残りの50%、借地権確率60%なら下要素の真価は残りの40%になります。
 借地の真価が全体の半数や60%など、思った以上に高くて驚きますが、借地権人間がいると自由に利用したり、処分することができないことを反映している。

 下要素の販売を考えたら、本当に現在の借地クライアントに買取を打診してみましょう。
 借地クライアントがいるままでは市場で高い値段で売り払えることは要求薄ですが、借地クライアント自らなら、先方とのきずなもあり、双方にとって申し分のないクライアントです。
 仮に、借地クライアントが買取を願望しなかったり、願望はしても経済的にできない場合は、逆に借地権を買い取って、出て行って買う秘策もあります。
 借地権と下要素を付きにして圧倒的形の大地にしたうえで売却したほうが激しく売り払えるので、買取価額と、厳しく売り払える対価の開きを比較して決めましょう。

 なお、譲渡年収の算出にあたっては、下要素の部分は長期間譲渡年収、買い取って直ちに売った借地の部分は短時間譲渡年収に分かれる必要があるので注意が必要です。
 買い取ってたちまち売るので、短時間譲渡の借地権部分は収穫0、残る対価を長期間譲渡年収として提案します。