下所の評価と投機

下フィールドとは元来宅地の権威の残るグラウンドではなく、その土地の権威のことを指します。但し最近の自宅一般では借地特典つきのグラウンドの権威のことを下地権、借地特典つきのグラウンドのことを下フィールドと叫ぶのが主流です。日本国内のタイミング、借地特典の存続スパンが長くなることで単価が同一のグラウンドに掛かる借地特典の単価より小さくなり易いといわれています。
売買する拍子、では評価が出されるわけですが、この方法にも様々なものがあります。殊にグラウンドの単価を知る上でそれほど貴重据置の一つとされるのが道程価というものです。国税局が年々8月に発表するもので主に交付租税や引き継ぎ租税を算出するときに生きる据置です。利潤評価条件による物ともよばれています。
マークで記載された借地特典料率というものが記載されてあり、こういう料率を使うことでと地上に屋敷が建っていてなおかつ、こういう借地特典が設定されているタイミング、算定することが可能です。
道程価図表と借地特典料率はさっと勉強すれば簡単に主張がうなずけるものです。主に数とアルファベットで登録され、1000円の料金で1平米程度の道程価を登録してあります。当然下フィールドだけでは、グラウンドを所有しているとはされずに、借地特典と合わせて完全把持になります。借地特典と下フィールドをたしたものが権威です。これは道程価図表から押さえる借地特典料率を使うことで下フィールドの総計がわかります。
実租税単価は引き継ぎ税額より低くなってしまうことには要注意です。上記の条件によって算出されるものは主に引き継ぎ租税や交付租税を計算する場合であり、実際の市場ではやや異なります。