もしもマンション売却して無助言の通りだったら

マンションを売却して収入が発生した場合には確申を立ち向かう必要がありますが、確申を行なう年月日は決められています。そのため、申告することを知らなかったり忘れていたなどの理由で、決められている年月日を過ぎても提案をしなかった場合には、無提案ということになってしまうので注意が必要です。そうして、マンションなどで収入が発生しているのに、決められている年月日が過ぎてしまった引き返しも提案せずに無提案の通りが続いてしまうと、税務署から教示を浴びる場合がありますし、申告していない店について教示を受けた際には日常納めるタックスとは別途、懲罰として上昇税が課されてしまう場合もあります。そのため、マンションの譲渡などで収入が発生したのに忘れていたなどの理由で申告してない通り年月日が過ぎてしまった場合には、そのままにしておくのではなく税務署から教示を乗り越える前に、直ちに税務署に相談して自主申告することが重要です。