築年季とマンション査定の誘因

マンション査定にはマンションの築年季がすごく関係して来る。
戸建ての住まいの場合も関係してくるのですが、中心戸建ては15年代ほど経過しますと二度と住まい本人のプラスがなくなるのです。
但し土は築年季により値下がりするというものではありませんのでその後は地価がすごく査定額に影響します。
マンションの場合も土を一種権利を持っていますので地価も関係してくるのですがマンションの価格のうちの大部分は民家ですので築年季が長くなればなるほどにマンション査定単価も下がっていくのです。
地価が変動しなかったという常識で考えますと中心通年マンションの獲得単価の7割程度の価格になります。
たった一年で三割分のプラスが下がってしまったということなのです。
ですのでもしマンション査定をして転売をしたいと考えるのでしたらひたすら5年代以内に売るようにしてください。
10年代以上にもなりますと特別な域以上でしたら断じて済む単価は望めません。