不動産査定の術について

不動産査定の手段には、いくつかの関連があります。
大地や戸建てを査定する時に生きる「仕入れ値法」、財産用の建物などを査定する時に生きる「財産還付法」、そこに住むことが普通のUSED民家を査定する時に生きる「商いパターン調査法」などがありますが、不動産査定の手段としてとにかく一般的なのは、三つ目の商いパターン調査法です。
これは、周辺の商い賭けやトレードパターンなどを参考に不動産査定を行なう手段です。
どんどん、これらの査定を行うための具体的な方として「机上査定」「訪問査定」があります。
机上査定は簡潔査定とも言われ、不動産法人のコンサルタントが、実際の不動産を見ずに査定を行い、訪問査定は実際の不動産を見て査定を行います。
当然ながら、机上査定よりも訪問査定のほうが詳細な査定が可能なので、机上査定をしてから訪問査定を依頼して、どんどんきっちりとした査定値段を出して買うというのが一般的です。
とはいえ、ともコンサルタントの見解が混じることは否めず、不動産会社によって価格にバラつきがあることがほとんどです。