不動産査定と民家の書き込み計画について

屋敷の不動産査定を行なう一瞬、一際影響するのは、「建築後の経過年齢」です。
木造建物のとき、50年平均が精一杯の年季とされています。
また、不動産査定において、宅建主任人間は売主に対し仲介総額について所見を喋る際はその証拠を明らかにすることがルールで義務付けられていますが、その証拠を明記しやすくするために「財団団体 不動産配布近代化中頃」が総額査定戦法を作っていらっしゃる。
それによると、屋敷の不動産査定総額は「スタンダード建築費×材質違い比率×面積手入れ比率×特別建屋向上比率×減価比率×総数フロア面積」で算出されます。
スタンダード建築費は、年度度・工法銘銘・地域特別割り出され、材質違い比率は、豪邸・スタンダード建物・実施建物というコースから割り出され、面積手入れ比率は、建築面積のがたいによってひっくり返り、特別建屋向上比率は、セントラル冷暖房など特別建屋の有無によって替わり、減価比率は、「1−0.9×(経過年齢÷耐用年齢)」というモデルで表される物で、これらを自動的に計算する体系となっています。