マンション販売のときの税について

マンション売買の際には、「サラリー租税」と「国民租税」という二つの租税が課されます。
とはいえ、マンション持続の価格からマンション売買に要した価格を差し引きして、利益が出ていた場合に限られます。
たとえば、4,000万円で購入したマンションが5,000万円で売れたという実例、値鞘の1,000万円が課税対象になるということです。
もう一度、代行手間賃やリフォーム勘定などのマンション持続に付随する価格は、実益から差し引くことができますし、「譲渡した時期の1ひと月毎日の時点で保有間が5時期を超えている実例」「居住用の屋敷として使われていた実例」といったコンディションを満たせば、他のサラリーと損益合計をしたうえで、免税或いは控除などの措置を受けることができます。
そうして、マンション売買の際に要る更にの租税が、「印紙租税」です。
取扱いコストが500万円以来1,000万円以下であれば10000円、1,000万円以来5,000万円以下であれば2万円、5,000万円以来1億円以下であれば6万円という感じになっていらっしゃる。