マンションをそのまま売るかリノベーションするか

マンションを売り渡す時は、出来るだけ厳しく売りたいですし手早く買主が見つかってほしいです。その場合に一つの手段としてリノベーションしてマンションを売るといった作戦があります。
リノベーションとはリフォームよりも大掛かりな直しですので、年齢が進んだ住まいも見違えるほどに生まれ変わります。
但し当然ながら費用がかかりますので、その賃料分け前をマンションのセドリ価格にどこまでプラス始めるのか検討する必要があります。直し工事賃料をセドリ価格に転嫁してしまえば買主が見つからない場合もありますし、逆に直し工事賃料を自己負担することになりますとその分セドリ益が減ってしまうことになります。
買主近隣は綺麗な住まいの方を当然憧れますが、出来るだけ安く購入して自己直し工事をしたい第三者とか、やっと直し工事をしたのに買主近隣の好みに合わないといったケースもありますので、おしなべてリノベーションをした方が良いとは言えません。
住まいはそのままで、直し工事のスキームや直し工事後の挿絵などを提示すれば費用もかからず買主近隣の興味を惹くことも出来ます。