マンションを売るときに加わる代行手間賃とは

なんらかの事情があって、自分のいるマンションを売るということになった場合にも、やっぱ不動産社にその仕事取り次ぎを依頼することになります。

こうした場合にも、マンションを購入する場合と同じように、複数の業者に共々取り次ぎを依頼することもできれば、一つの社だけに絞って取り次ぎを依頼することもやれるわけなので、こういうどちらにするかは、取り次ぎを依頼する不動産社の推進談話などを考慮した上で判断すればいいわけです。

こうした場合の媒介締結の品としては、前者である場合には通常媒介締結というものになり、次である場合には専門媒介締結というものになるが、専門媒介契約を結んで、一つの社だけに取り次ぎを依頼する締結である場合にはむろんの事、通常媒介締結で、複数の業者に共に取り次ぎを依頼する締結である場合であっても、取り次ぎ契約を結んだだけでは取り次ぎ手間賃というものは発生することはなく、実にマンションが売れた場合にのみ、取り次ぎ手間賃が発生することになるわけです。