マンションを売る時1床は高名無し?

マンションは高層階からの展望に値打ちがあることから、下層の部屋は人寄せが乏しいという印象があり、売る際には売り値が低くなってしまうと思われている方も少なくありません。
とても、マンションを選択されるお客はの多くは若い年で夫妻のみ、またはお子さんがセルフといった少数ファミリーとなります。
そういうお客は展望の良い高層階への入居を求めていることが価格に表れています。
但し、1階部分の要望は意外にあるため、どんなに低売り値の査定を受けた場合は他社からの査定を受けてみることをお勧めします。
では、低人寄せと言える1階の部屋の要望とはどういった方に人気があるのでしょうか。
一方、最近ではお婆さんがマンションの買い出しをわたるほうが数多く、その理由としては、養育がおわり、夫妻二人だけのライフとなった結果大きい間取りがむだとなったことや、プロセスの乗り下りが体力的に難しくなった結果平屋ときのマンションでのライフのほうが都合が良いなどの利点となります。
シニアのお客にとっては展望などを求めていないことから、エレベーターなどの実践が弱い1階部分の需要が多いといえます。