マンションの販売に必要な手間賃

マンションを売却する時折、不動産店先が提供する様々なサービスを利用できます。査定のサービスを利用することも可能ですし、セールスが助言をもらえることも多いです。こんなサービスを利用するコストとして手間賃を払うことは必要となるのですが、その総計は法律によってマキシマムが定められています。マキシマムとしては、建物プライスの3パーセントに6万円を加えた総計となります。ここにさらに返済TAXがかかります。これが上限で、例外的に売却する自分が依頼すれば、原価だけを払うこともありますが、シロウトがマンションを売ろうと思った場合にはこういうマキシマム以内になります。マキシマム以内ということですが、きっとはこういう上限金額を払うのだと考えておいた方が良いです。たとえば、1,000万円でマンションのセールスが成立した事、3パーセントは30万円ですからここに6万円を加えた36万円に、一層返済TAXを加えた総計を払うと考えておくべきでしょう。仮に、それ以外になんらかの価格を払うことを求められた場合であっても、払う必要はありません。また、セールスが成立していよいよ払う責務が発生するという事項に注意が必要です。セールスが成立する前に要求されても払う必要はありません。