借地権売買のすすめ

借地権 売買

借地権・底地を売りたい、借主、地主さんのために借地権の売買、また底地の処分などの方法・そのテクニックを紹介・定評のある業者を紹介します。

借地権を買取に出すには

世の中にはさまざまな権利があふれています。
ビジネスなどでは企業間でさまざまな契約が結ばれ、その契約にもとづく権利で事業を展開していきます。
マンションなどでも賃貸契約を交わし、そのマンションに住む権利を得ることができます。このように数ある権利の1つとして借地権があります。
借地権とは、自己所有の建物を建て、その建物の下の土地を借りる権利です。
つまり、建物は自分のものだけれど、土地は第三者のものということです。
この権利は、土地の所有者、すなわち地主と契約を結び、地代を払う形で得ることができます。
このような契約のもと、この権利は発生しますが、この権利がもう必要ではなくなったときに、この権利を必ずしも地主に無償で返還しなければならないというわけではありません。
借地権所有者は、第三者にこの権利の買取を求めることができるのです。
しかし、そのためには、様々な制約があり、これを怠ると地主とのトラブルに発展することもあるので十分に注意が必要です。そこで、借地権を売却するためにとるべき方法が不動産会社などのプロに相談するということです。
売却時には地主の譲渡承諾許可や今後の契約内容はどうなるのかなど素人だけでは収めるのが難しい問題がたくさんあり、地主との交渉がうまくいかない結果、売却にだせないというケースは珍しくありません。
このようなトラブルを避けるためには、借地権に精通しているプロの助けを借り、借地権を買取に出すことが重要です。

そこで、
借地権の権利を手放したい借主さん、底地の権利を売りたい地主さん、借地売買のプロを紹介します。





借地権 売買に実績のある不動産業者

ハートランド
首都圏の底地の売買・借地権の売買に関する相談なら実績・経験豊富なハートランド(東京都千代田区鍛冶町)がおすすめです。
>> http://www.heart.vc/ <<
ハートランド



少しでも高く借地権を買取してもらう方法
全国には、多くの人たちが日々の暮らしを楽しんでいます。毎日、健康管理をしっかり行いながら暮らしている人も多いです。軽い運動やストレッチを行い、バランスのとれた食生活を心がけている人は、少なくありません。愛する家族のために、毎日働き続けてる人も多いです。休日には、家族全員でドライブに出かけたり、山や海などへ出かけています。大自然を満喫することで、日頃の疲れやストレスから解放されるのです。家族で出かけることにより、家族の絆が深まります。核家族で暮らす、夫婦の人たちも日々の暮らしを楽しんでいます。夫婦共働きをしながら、可愛い我が子を立派に育てています。お互いが協力し合い話し合うことで、家事や育児をスムーズに行うことができるのです。高齢の両親と、仲良く暮らす人たちも多くいます。高齢の両親と一緒に暮らすことで、両親たちの日々の健康管理を見守ることができるのです。両親と暮らすことで、お互いが信じ合い助け合うのです。可愛い孫の面倒を見てくれるので、とても助かります。両親と住んでる家に、借地権が付いていることがあります。両親は老後のことを考え、借地権の買取を考えるのです。買取は、少しでも高くしてほしいと考えています。両親たちはそのために、不動産会社に出かけます。不動産会社に行き、家の借地権のことを話します。専門のスタッフの人たちが、親切に丁寧に接客してくれますのでとても安心です。人々の住む家は大事です。マンション売却査定


借地権の買取価格に関わる評価
借地権の買い取り価格は、通常の土地取引とは異なり、複雑な利害関係が発生する事も予測可能なので、細心の配慮を以って望むことが求められる、との立場です。
そこで、平常時の利害関係について考えます。
地主さんは、長年にわたり賃貸借関係にある土地なので、借地人との良好な関係を末永く維持発展させたいと願うでしょう。また、借地人も、出来得るなら、地主さんとのトラブルは避けたいと願うのが一般的な思考だと思うのです。
ところが、借地権の売買が浮上した場合、その瞬間から関係が複雑になる事も予測されるのです。何故なら、長年借地関係にあった借地人が土地を買取るのですから、価格的には応分の配慮が欲しい、との願いが浮上するからです。
この場合の利害は相反する事となり増すが、お互いが立場を理解し、誠意を以って対処すべきだと考えます。よって、地主さんとしては、一般土地取引の一割から二割程度が売買価格であると認識すべきでしょう。
けれど調整が困難な場合には、不動産鑑定士等、第三者に評価を依頼することも一案であるとの立場です。

マンション売る
マンション売るならどこ?@マンションを売る時に注意すること
マンション売るならどこがいい?

不動産査定と人道とのゆかり/ 不動産査定の術について/ 不動産査定と所要資料リスト/ 不動産査定に必要なプライスとは/ 不動産査定と相続について/